スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Carl Zeissレンズで大文字からの夜景

先日、雪がちらつく中、新しく購入したCarl Zeiss Distagon T* 2/25 ZF.2を試しに大文字に登ってきました。

大文字からの夜景

さすがのコシナZeissレンズ、今までの保有レンズと比べてはっきりとした差を感じます。雪雲の雰囲気までよく出せたことに感激しました。

大文字からの夜景

露光中に絞りを変えての撮影にも挑戦しました。ボケ味はこれから試していこうと考えています。

大文字からの夜景

久しぶりに大文字からの夜景

大して何もなく連休が終わってしまうのももったいなかったので、夕食前に腹を空かせるため夜の大文字に登ってきました。シャッターによる振動が少ないGXRでクリアな夜景写真をたくさん撮ることができました。

大文字からの夜景

GXR A12 28mmユニットの夜景の写り具合もテストしました。弘法大師堂を写したところ、月にゴーストができて神々しい写真になりました。2001年宇宙の旅に出てくるモノリスみたいな雰囲気ですね。

大文字 月と弘法大師堂

いろいろ試した感じでは、夜景を撮るにはA12 28mmよりA12 50mmの方が良さそうです。理由は街よりも空が広く入りすぎてしまうから。どちらもいい写りには変わりないので、好みの問題でしょう。セルフタイマーで自分撮りしたところ透けて不吉な感じになってしまいました。

大文字からの夜景

余談ですが、行きしなに転倒?滑落?で救急車で運ばれている人がいました。大文字は超初心者用の場所なので普通に登ればケガをすることはないと思いますが、気を付けたいですね。

GenPi

GenPi

京都から旅して写真を撮っています。

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
キーワード
ブログリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。