九州・屋久島旅行2011 6日目その1・屋久島から鹿児島へ

25日は屋久島最終日でした。

朝目覚めとともに窓の外を見ると、美しいモッチョムの眺めが目に飛び込んできました。

とんとんの部屋から見たモッチョム岳

とんとんは夕食に続いて朝食もおしゃれで豪華でした。

とんとんでの朝食

とんとんを出発して向かったのは近くの公園にある名水百選の山河湧水。ここで1リットル水を汲んでこの日過ごすことになりました。

山河湧水

次に向かったのは車ですぐの千尋の滝。千と「千尋」の神隠しの由来になったという噂もある壮大な瀑布を眺めることができます。

千尋の滝

その山道を再び下ったその下流にあるのはトローキの滝。世にも珍しい海に直接注ぎ込まれる滝です。

トローキの滝

これだけ回った後、レンタカー返却と屋久島脱出を兼ねて宮之浦へ移動。昼食は味菜で食べた鯖の定食。写真のほかに茄子の炒め物の小鉢がもう1つ。ここもユースホステル会員割引がききました。

味菜 焼魚定食(鯖)

フェリー乗船まで、散歩したり土産を買ったりして暇つぶし。

宮之浦川

そして13時過ぎ、学割を使ってフェリー屋久島2に乗船。

フェリー屋久島2

船は珍しく屋外での前方展望が可能!この日は本当に天気がよく、真っ青で透明な海が輝いていました。

航海

ちょっとうとうとしていると、いつの間にか鹿児島の湾内へ。目の前に見えるのは往路で乗ったプリンセスわかさです。

湾内

プリンセスわかさと水中翼船トッピーの2ショットを目撃することもできました。

プリンセスわかさとトッピー

鹿児島港南埠頭フェリーターミナルに定時着。この日の宿泊地となる桜島に向かいました。

九州・屋久島旅行2011 5日目・屋久島一周の旅

やくしま夏まつりから明けて屋久島4日目となる24日はレンタカーで島内反時計回りしました。

まずは朝の腹ごしらえから。水明荘で美味しい朝ご飯を食べて出発です!

水明荘での朝食

最初に向かった場所は志戸子ガジュマル公園。ヤブ蚊にさされながらもガジュマルのすごい植生を目にすることができました。

志戸子ガジュマル公園

昼食は宮之浦にある旬彩 四季亭の屋久島定食でした。飛び魚や首折れ鯖などがある立派な定食はユースホステル会員割引で1200円が1000円になりました。

旬彩 四季亭 屋久島定食

そして向かったウミガメ上陸で有名な永田浜です。

永田浜

昼間だったので上陸のあとを見て去りました。

永田浜 ウミガメ上陸痕

西へ進んでいくとだんだん険しい地形になり、山道をちょっと脇にそれると現れるのが屋久島灯台。

屋久島灯台

この周辺、なんと猟犬を連れてシカ狩りしている地元民がいました。

シカ狩り用軽トラ

そのままどんどん進むと西部林道に入ります。細い道の周りは崖で、滝あり、ヤクザルあり、ヤクシカありの大自然コース!携帯電話が通じないエリアなので事故を起こしたらアウトです。

ヤクザル

西部林道が終わったころ、百選にも選ばれている大川の滝があります。水しぶきがミスト状になっており、涼しく気持ちがいいスポットでした。近くで売っていたポンカンジュース、パッションフルーツジュースがおいしかったです。

大川の滝

栗生ではシュノーケルもしました。魚はさほど多くなかったのですが、個人的には小さい頃インドネシア在住時以来十数年ぶり。今回はレンタルセットでしたが楽しかったです。

栗生

栗生で時間を調整した後、干潮となったので平内海中温泉にいきました。硫黄臭漂う天然露天風呂はすごくいい雰囲気!近所の人も多く、少し話しながらの楽しい入浴となりました。

平内海中温泉

この晩の宿泊は、姉にしつこく勧められて予約した「いやしの民宿とんとん」。港から遠いため若干不便ですが、モッチョム岳が正面にあり、トローキの滝や湧水が徒歩圏のロケーション。

いやしの民宿とんとん

建物全体は新しく、ロッジのような板張りで清潔な空間。豪華な部屋には本当に驚かされました!

とんとんの部屋

夕食もなかなか手が込んでいてお洒落。もちろん美味しかったです!

とんとんでの夕食

この晩は栗生へウミガメを見に行ったのですが、残念ながら上陸も孵化もありませんでした。宿でぐっすり寝た後、屋久島最終日を迎えました。

GenPi

GenPi

京都から旅して写真を撮っています。

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
キーワード
ブログリンク