スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都御苑の桜2012 その1

3月31日、大荒れの天気が収まってきた夕方に京都御苑へ桜を観に行きました。

京都御苑 桜

京都御苑、特に北部にある近衛邸跡周辺は京都の中でも桜が早く開花します。

京都御苑 枝垂れ桜

池のほとりにある近衛邸跡の糸桜は特に見事で、近所の人や観光客が多く訪れます。

京都御苑 近衛邸跡

毎年この時期には満開になるはずなのですが、今年は寒いので開花はまだまだです。

京都御苑 近衛邸跡の糸桜

あと数日待てば満開になるでしょう。

京都御苑 近衛邸跡の糸桜

お花見ということで、出町ふたばで花見団子と豆餅を買ってきて食べました。

出町ふたば 豆餅と花見団子

周りの木々はまだ蕾。春本番が待ち遠しいです。

京都御苑 枝垂れ桜

他の植物の様子です。以前にも記事にした梅林に行ってみました。

京都御苑 梅林

ちょうど見頃のようです。

京都御苑 梅林

お気に入り、桃林です。

京都御苑 桃林

きれいに花を咲かせていました。

京都御苑 桃の花

野良ネコにも出会えて、楽しい夕暮れ時でした。

京都御苑 野良ネコ

ひとめ2万本!瀬戸内海を一望できる梅の名所・綾部山梅林に行ってきました

25日は青春18きっぷを使って日帰りで、兵庫県たつの市にある綾部山梅林へ行ってきました。

綾部山梅林は20日までが公開日でしたが、今年は開花が遅れたため延長し25日まで(つまり最終日)。JR網干駅から送迎バスがなくなっていたため山陽網干駅までバスで行き、そこから歩いてのアクセスです。道は割かしわかりやすく、古い街並みが残っているため少し見応えがありました。

たつの市 マンホール

早足で歩いけば40分ほどで山の麓に到着することになります。遠くから眺めても梅の花の色をはっきりくっきりみることができます!

綾部山梅林

麓ではイベントが行われていました。現地の特産品など買えるかと思いましたが、大分売り切れていました。防災集会も兼ねているのか、はしご車試乗体験も行われていました。

イベント会場

イベント会場の横に梅林への道があります。なぜかわんちゃん連れの人がめちゃくちゃ多い…ペットの自慢大会でもあるのでしょうか?

綾部山梅林

入山料500円を払って中に入ると柏餅の売店が。さっそく買ってしまいました。お土産屋も入り口付近にたくさんありますが、焦って買わなくても絶景ポイントには必ずあります。

売店

綾部山という名前の通り、この梅林は山の斜面にあります。緩やかな山道を、梅を愛でながら進んでいきます。

綾部山梅林

振り返れば遠くに街並みが!

綾部山梅林

梅林の中では休憩することもできます。

綾部山梅林

梅林の中は仁和寺・御室桜の梅バージョンといった感じです。

綾部山梅林

おすすめ写真スポットはここ。お地蔵さん。

綾部山梅林 お地蔵さま

ここから眺める向こうの斜面の梅林もステキです。

綾部山梅林

「山」ポイントにきました。

山

ここからは瀬戸内海の景色が!梅がきれいで海にも近いなんて最高ですね!淡路島や小豆島、その他諸々の島々がみられます。ちなみに淡路島は父の実家なのでたまに行きます。小豆島はそのうち旅行する予定です。

綾部山梅林からみた瀬戸内海

入山料についてくる半券と引き替えに、売店でうめジュースをもらいました。そして正玄塚古墳の横穴入り口で撮影してみました。この一帯は古墳もたくさんあるそうで、ところどころに古墳の案内がありました。

正玄塚と梅ジュース

綾部山梅林は菜の花スポットもあります。桜と菜の花の組み合わせは定番ですが、梅と菜の花は珍しいのでは?

綾部山梅林の菜の花

ここの梅は観賞用だけではなく、特産品となっているようです。受粉用に使われると思われる鉢の巣箱が置いてありました。

綾部山梅林

違う斜面からみた瀬戸内海の景色です。先ほどみたスポットは向こうの山にある建物の近く。この売店、梅林の雰囲気に合う外観にすればいいのに…

綾部山梅林

山の上の方をぶらぶらしたあとは、梅林にまた入って柏餅を食べました。写真にはありませんが特産品・レンコンのかりんとうもおいしかったです。

柏餅

最後に一番気に入ったスポットからの写真です!この日は晴れたり曇ったり忙しい天気で悪条件の時の撮影になりましたが、それでもスバラシイ!日本中探してもこのようなスポットは見当たらないのではないでしょうか?

綾部山梅林

別斜面をみても、ここは天国かと見まごう景色。梅の花がこんなにきれいだとは思いませんでした!

綾部山梅林

綾部山梅林、実は1週ほど前にネットニュースで知ったのですが、こんなにいい場所だとは思いませんでした。関西から日帰りで行けるのでもっと有名になってもいいと思います。(そこまで混んでいませんでした。)梅の果樹園を兼ねているせいか公開期間は限定的ですが、見頃に行けてよかったと思います。

GenPi

GenPi

京都から旅して写真を撮っています。

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
キーワード
ブログリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。