スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐渡旅行2012 4日目・佐渡といえば金山

佐渡島最終日は、尖閣荘の朝食を食べ、

尖閣荘 朝食

海が見渡せる展望風呂に入ったあと出発し、

尖閣荘 展望風呂

海岸の奇石を眺め、

佐渡島 弁慶のはさみ石

京町通にちょっと迷い込みながら、

佐渡島 京町通

佐渡金山へと向かい、観光しました!

史跡 佐渡金山

かの有名な佐渡金山は江戸時代の財源を支え、平成元年まで稼働していた日本最大の金採掘値です。現在は観光施設化しているため、観光用意外の坑道はひっそりと放置されていました。

史跡 佐渡金山 角行抗

史跡佐渡金山は江戸時代風に再現されていました。

史跡 佐渡金山

観光の目玉の坑道コースは2種類。今回入ってみたのは宗太夫坑です。

史跡 佐渡金山 宗太夫坑入口

最初はパネル展示。

史跡 佐渡金山 宗太夫坑コース

そして電動式のリアルな人形による鉱山内部の再現展示があります。

史跡 佐渡金山 宗太夫坑コース

空調や排水など、江戸時代から存在していたとは思えない高度な技術に驚きました。

史跡 佐渡金山 宗太夫坑コース

展示のひとつひとつ、丁寧に説明が付いており、

史跡 佐渡金山 宗太夫坑コース

中にはしゃべり出す人形もいました。

史跡 佐渡金山 宗太夫坑コース

本物の坑道を使っているだけあって立体的です。

史跡 佐渡金山 宗太夫坑コース

ろうそくの再現も頑張っています。

史跡 佐渡金山 宗太夫坑コース

クーラーいらずの涼しい空間で鉱脈を探す狸穴を掘っている人がいたり、

史跡 佐渡金山 宗太夫坑コース

鉱石を掘り出していたり、

史跡 佐渡金山 宗太夫坑コース

儀式までもが行われていました。

史跡 佐渡金山 宗太夫坑コース

坑道を抜けると、次は資料館です。

史跡 佐渡金山 資料館

ここには12.5キロの金塊を小さな穴取り出すチャレンジがあります。両手の指3本ずつを使って持ち上げて取り出し、入館料より高い記念品(金箔)をゲット!監視カメラがあるため出した瞬間横の部屋から係員が飛んできて、周りにいた観光客には写真を撮られました。

史跡 佐渡金山 12.5キロの金塊と記念品

最後に金にまつわるお土産を買って退散しました。

史跡 佐渡金山

周りにもたくさん史跡があるため、もうちょっと時間をかけて回りたい場所でした。

関連記事
GenPi

GenPi

京都から旅して写真を撮っています。

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
キーワード
ブログリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。