EPSONブロガーイベントに出席!発売直前のプリンターEP-805Aに触ってきました!

写真を撮影しながらも面倒なためほとんど印刷しない私ですが、フォトコンテストに応募するなどの理由でプリンターに興味を持ち始めました。そんな中でFans:FansEPSONの新作プリンターのブロガーイベントがあると知って申し込み、さらには当選してしまったので、西新宿三井ビルで8日に開催されたEPSONのブロガーイベントに参加してきました!

西新宿三井ビル

今回のイベントの正式名称は「エプソン カラリオ プリンター おすすめモデル『EP-805A』体験イベント」。数年間ブログを書きつつもこのようなイベントに出席するのは初めてのことで、何があるのか楽しみでした。

「EP-805A」体験イベント

会場に到着しイスに座ると机の上には発売前のプリンターが並んでいました。布で隠してありましたが、なんだか思っていたよりも小さい印象。

机上のプリンターをカバーする布

イベントは1時間半の製品の詳細に関するプレゼンと30分の実体験という構成。プレゼンテーションにはEPSONのプロジェクターと、iPadを用いた最新のシステムが使われていました。

iPadによるプレゼンテーション

最初のプレゼン内容を要約すると、今回・これからEPSONがプリンターに求めるものは2つ。使用される現場やインテリアにもマッチする小型化と

小型化の実現

今が流行のクラウド化です。どちらも今後ますます重要・必須になってくる要素でしょう。

クラウド化

小型化に関するプレゼンの中で驚いたのが、この大きさでも両面自動印刷が可能だという点。

小型化

だって従来品に比べてこの大きさですよ!以前のプリンターの中にすっぽり入ってしまう小ささです。うちにあるプリンターがだいたい右にあるもののサイズなので、見た瞬間に買い換えを考えてしまいました。

小型化

先ほどまで布で隠してあったEP-805ARの高さはボールペンの長さ以下。上に載せたA4のパンフレットからもその小ささがわかります。カラーボックス上にだって横にはみ出さずに設置できる大きさ(縦には無理でした)で、スキャナもきちんとついた複合機とは驚きです。

EP-905AR

小型化のためには、今回の製品を作るにあたり設計を一から見直したようです。基板やヘッド部分など、見えない場所まで全部小型化されています。相当な試行錯誤があったことでしょう。

基板の比較

一通りのプレゼンが終わった後は、ブレイクタイム。お菓子や飲み物がこれでもかというほど大量にもらえました。溢れんばかりで紙皿の意味が全くないですね。何というサービス!

お菓子

プロ機まで並ぶ製品展示もありました。今まで興味がなかったため知らなかったのですが、いろいろなラインナップを揃えているのですね。商品知識が7年前で停止しているので、全機種コンパクトに見えました。

EPSON製品展示

小さくなったプリンター部品の確認もさせていただきました。並べられると技術の進歩を感じます。

プリンター内部部品

最後は、持参したデータを使った印刷を行いました。SDカードも持参しましたが、せっかくなのでiPadにEPSON iPrintをインストールし、Wi-Fiダイレクトによる印刷を行ってみました。(実際はSDカードによる印刷も行ったのですが、D90のSDカードと兼用していたのでその場面は撮影できませんでした。アホですね。)

EPSON iPrint

すごい!プリンターに繋がなくても印刷できる!Wi-Fiだけではなく、プリンターに設定されたアドレスへメールを送って印刷することもできるそうです。旅行先から帰ると整理が面倒になる人も、スバラシイ風景を忘れてしまわないうちに印刷できてしまうわけです!

EP-805ARで印刷中

同じくEPSONによる印刷紙ベルベットファインアートペーパーを使った、涸沢キャンプ村の写真の印刷結果です。この紙すごいです!下の画像も写真の写真だとは思えないでしょう?帰宅後、実家で気に入られて京都の自宅に持ち帰ることができませんでした。飾るそうです。写真について余談ですが、社員さんのテントもこの写真の中にあったそうです。

EPSON EP-805A プリント結果

たった2時間でしたが、大満足のイベントでした。また当たったら参加したいと思います。たくさん写真を撮ったのでいろいろ載せたかったのですが、表示が重くなるので今回はここまでで。今後4ヶ月ほどのモニター期間中に、今回のイベントに関する情報も交えた詳細記事を書いていきたいと思います。

関連記事
GenPi

GenPi

京都から旅して写真を撮っています。

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
キーワード
ブログリンク