スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水とうなぎの街 三島を散策

研究室のOB旅行のついでに三島へ行ってきました。三島で下車するのは柿田川湧水群へ行って以来の2回目です。今回も駅前の楽寿園はスルーしましたが、ちょうど菊まつりの時期だったようです。

楽寿園

今回の最大の目当てはここです。うなぎ桜家。三島名物うなぎの老舗で、安政から続いてそうです。いつも大人気で行列ができるらしいのですが、あまり混んでいなかったので名前を書いて待つことにしました。

うなぎ桜家

お店の横には源兵衛川が流れています。気持ちがいい透明度です。

源兵衛川

川岸には「時の鐘」がありました。

時の鐘

待つこと10分で桜家に呼ばれたの入店し、うな重を頼みました。さすが評判だけあってクセなくおいしかったです。

うなぎ桜屋 うな重

昼食のあとは桜家の前の通りで行われている祭りを抜けて三嶋大社へ向かいました。

三島

途中には名物である寒ざらし団子の露店もありました。買ってみました。

寒ざらし団子

徒歩10分ほどで源頼朝ゆかりの三嶋大社へ到着。大社というだけあり立派です。

三嶋大社

境内では七五三が行われていました。二拝二拍手一拝の参拝をしました。

三嶋大社

神社脇にある御旅所は清水に囲まれており、水の街であることを実感しました。

三嶋大社 御旅所

その後は文学碑が並ぶ遊歩道を抜けて白滝公園へ向かいました。三島ゆかりのさまざまな文学者碑が建っており、司馬遼太郎や若山牧水のものを見つけることができました。

遊歩道

その遊歩道の脇には桜川が流れています。付近の住民により手入れされているのか、透明な水のみならずきれいな花々も楽しむことができました。

桜川

カモがたくさんいるなーと思っていたらエサをあげているおばあちゃんの姿も。

桜川

清流にしか咲くことのない梅花藻も見ることができました。

梅花藻

上流の白滝公園は緑に囲まれた公園でした。どうせお金をかけるなら、京都の高瀬川もこのぐらいのレベルを目指して欲しいものです。

白滝公園

写真は上下逆さまにしています。水も透き通り、鏡のようでした。

白滝公園

駅に帰る途中、さらに上流の菰池公園にも寄りました。蚊に悩まされるのかもしれませんが、街中の親水公園には憧れます。

菰池公園

戻ってきた駅前にだって湧水。三島はいい街だと思いました。

湧水
関連記事
GenPi

GenPi

京都から旅して写真を撮っています。

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
キーワード
ブログリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。