スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田信長の菩提寺 総見院特別公開

今宮神社のあとは、10時の開門と同時に織総見院の特別公開に行ってきました。

総見院 表門

このお寺は織田信長の菩提寺で有名です。春と冬の特別公開以外に入ることはできません。

総見院

まずは本堂へ。手前には「大徳寺の茶面」だけあり、茶筅塚があります。本堂は撮影禁止ですが、お寺に関する話を聞くことができます。目の前には有名な織田信長の座像がありました。廃仏毀釈の難を逃れた数少ない文化財のひとつだそうです。

総見院 茶筅塚と本堂

現存している古い遺構は、表門と中が空洞の土塀、そしてこの鐘楼だけだそうです。

総見院 鐘楼

境内をいろいろ案内され、最後にきたのがこの織田信長供養塔。

織田信長一族供養塔

一族の供養塔が並んでおり、端には猫の板がありました。動物よけでしょうか。

織田信長一族供養塔

加藤清正が朝鮮出兵から持ち帰った石を使った井戸や、樹齢400年以上の侘助椿も見所です。

侘助椿

茶室に通じる廊の上には、昭和に信長の座像を乗せた輿が置かれています。

総見院 輿

このお寺にある茶室は3軒。奥から寿安席、

寿安席

龐庵、

総見院 龐庵

香雲軒です。

香雲軒

ちょうど作品展が開かれていたので覗いてみました。

京の工芸展 中野順二(漆芸)

漆芸家・中野順二さんの作品はどれもすばらしく目を見張るものでした。

京の工芸展 中野順二(漆芸)
関連記事
GenPi

GenPi

京都から旅して写真を撮っています。

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
キーワード
ブログリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。