鯨で有名な太地町

関東へ帰省する際に遠回りし、鯨の伝統漁で有名な太地町へ行ってきました。

太地駅

駅からバスで向かったのはくじらの博物館です。

くじらの博物館

中に入ると吹き抜けに大きな骨格標本や模型がつるしてあります。

くじらの博物館

漁具や骨格、内臓まで展示してありなかなかマニアックです。

くじらの博物館

こちらは調査捕鯨に使われる銛。歴史を追って展示してあるので猟具の進化の過程がわかりました。

くじらの博物館

建物の外には入り江がありクジラのショーが行われようとしていました。

くじらの博物館

イルカではなくクジラ、大きいのでダイナミックです。

くじらの博物館

ショーの後はイルカに餌付けするイベントも行われます。

くじらの博物館

イルカの水槽や近隣の海の生物を展示している建物もありました。まるで小さな水族館のようでした。

くじらの博物館

博物館見学後は、せっかくなので近くのお食事処でくじらの肉を食べることにしました。

竹トンボ

注文したのは鯨定食です。竜田揚げとお刺身がついてきます。

竹トンボ 鯨定食

バスまで時間があったので、お土産屋さんや博物館周りをブラブラ。調査捕鯨船の展示がありました。大きいです。

太地町 調査捕鯨船

鯨のモニュメントやタイルなどもあります。

太地町

駅のそばには鯨の風力発電装置があるなど、鯨一色の町でした。

太地町
関連記事
GenPi

GenPi

京都から旅して写真を撮っています。

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
キーワード
ブログリンク