スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北・北海道旅行2009 京都へ帰る船旅・新日本海フェリーはまなす

小樽駅からは30分ほどで新日本海フェリーターミナルに到着しました。乗船手続きを済ませたあと、売店で土産を買ったり本を読んだりして時間を潰していると、搭乗案内が。チケットを持って二等客室に向かいました。

23時半、小樽港をはまなすで出航。

はまなすから見た小樽港

後部デッキから写真を撮った後、部屋に戻ってすぐに眠りにつきました。

翌朝、日の出時間に起きることなく午後になって起床。とりあえず暇だったのでデッキへ写真を撮りに行きました。船はかなりのスピードでどんどん進んでいます。

はまなす 後部デッキ

部屋に戻って本を読んでいると、姉妹船あかしあとすれ違うとのアナウンス。後部デッキへ向かい、姉妹船の姿を写真におさめました。

はまなす 姉妹船あかしあとの行き違い

ここでラウンジの様子でも。フェリーというとボロそうなイメージがありますが、新日本海フェリーの船はかなり豪華です。売店、レストラン、カフェ、風呂などの設備はもちろんですが、乗組員有志による演奏などのサービスもあります。

はまなす ラウンジ

アナウンスがあったので夕陽を撮りに。こういう細かい気遣いが大好きです。

はまなすから見た夕焼け

日没後はまた暇なので、デッキで星を見たり船内の写真を撮ったり。2等客室周辺の廊下はこんな感じでした。

はまなす 廊下

泊まった二等客室は最大12人の相部屋。混雑することはめったにないので、普通は4人ぐらいでいることになります。暇なので本は必須品です!

はまなす 二等客室

ラウンジには浮き輪が飾ってありました。船員の制服貸し出しで記念撮影もできるそうです。

はまなす乗船記念

そろそろ舞鶴港という地点では、湾内のクレインブリッジが美しい姿を見せていました。

はまなすから見たクレインブリッジ

21時前、舞鶴港に到着です。

舞鶴港

これで今回の旅は無事終わりかと思いきや、福知山の豪雨で電車が遅れていました。終電をがんばって乗り継ぎ、なんとか家に帰ることができました。

6日間の旅行、満足でした。来年もまた東北地方を訪れてみたいと思います。

関連記事
GenPi

GenPi

京都から旅して写真を撮っています。

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
キーワード
ブログリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。