北近畿・姫路秋旅行2009 雲海に浮かぶ天空の城・竹田城へ行ってきました

10月11日は始発で和田山駅を出発し、竹田城へ。1年前には見られなかった雲海を見に行きました。

竹田駅に着いたのは6時前なので、空がちょうど明るくなってくる頃。円山川にかかる朝来橋あたりから立雲峡方面を撮影。霧がかかっていて幻想的です。

朝来橋から見た夜明けの立雲峡方面

早足で立雲峡まで行き、駐車場より少し上の竹田城と同じ高さの地点を撮影場所に決定。竹田城を知ることになったブログ記事、「日本のマチュピチュ?天空の城 竹田城跡」に載っている写真の地点(山頂付近)よりかなり下です。着いてからしばらくすると、霧が晴れて竹田城が頭を出すようになりました。

立雲峡から見た竹田城跡と雲海

ちょうど竹田城だけに朝日が当たった瞬間を撮影。背景の山は暗く、石垣が朝日に照らされ少し赤味がかっています。その様子はまさに天空の城という言葉がぴったりです。

立雲峡から見た竹田城跡

たくさんの写真や冒頭の動画などを撮影した後、そろそろ霧も晴れてくる頃なので立雲峡を後にしました。

立雲峡の霧

お次は竹田城跡に行くまでの下界の様子を紹介。去年も撮影した朝来橋を渡りました。

朝来橋

寺町通りは風情ある街並み。何故かここの水路には、ピカチュウ、ミッキーマウス、ドラえもん、ハローキティなど、訴えられたらヤバそうなキャラクターの石像が置いてあります。

寺町通り

水路沿いにお寺がたくさん並んでいます。

寺町通り

この連休はお祭りをやっていたので街中が飾ってありました。

秋祭り

去年と同じように駅の裏から山を登って竹田城跡に到着!まだ霧が少し残っていていい眺めでした。

竹田城跡からの眺め

去年も写したベンチを撮影。

竹田城跡のベンチ

この場所からは「それらしい」景色を撮ることができます。

竹田城跡と下界

立派な石垣も撮影し放題です!

竹田城跡の石垣

足元の景色はまるでミニチュア。

竹田城跡からの眺め

その後もしばらく城跡を満喫したあとは下山し、線路の下をくぐって駅へと向かいました。

線路下の小径

竹田駅に戻った頃には、到着時の霧がウソだったかのような晴天でした。

竹田駅

播但線で終点の姫路へ向かいました。

関連記事
GenPi

GenPi

京都から旅して写真を撮っています。

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
キーワード
ブログリンク