スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Logicool Wireless Rechargeable Touchpad t650 をWindows 8で2週間使ったレビュー

Fans:FansのモニタープレゼントLogicool Wireless Rechargeable Touchpad t650が当たりました!2週間ほど使ってみたいのでレビューを書きたいと思います。

まず最初にt650の説明から。この製品はWindows 8のタッチパネル操作の一部を代用しようというものです。普通のタッチパッドの操作はもちろん、Windows 8のジェスチャーなどを再現することができます。フルなら1ヶ月もつ充電式でLogicool独自のワイヤレス・unifyingに対応しています。見た目は写真の通り非常にシンプルです!

Logicool Wireless Rechargeable Touchpad t650

t650は、これまでのLogicool製品同様にSetPointを導入すれば細かい設定が可能なのですが、せっかくなので私が愛用しているMacBookそっくりにカスタマイズしてみました。まずはスクロールの向きをデフォルトと逆方向に変更しました。

SetPoint設定

また、右クリックを二本指タップに変更しました。デフォルトの右下タップはどうも使いにくい気がしますが、これならば誤動作もなくなり快適に使うことができます。この2つの設定だけでMacBookユーザーならば操作の違和感はまったくなくなり、スムーズに作業できるようになるでしょう。

SetPoint設定

肝心のWindows 8の操作ですが、かなり快適になりました!普段はLogicoolのトラックボール Trackman Wheel TM-250 を使っていましたが、メニューを出すために広い画面のコーナーにカーソルを持っていくのは億劫でした。しかしこのタッチパッドではジェスチャーだけでその動作を行うことができます。また、タッチパネルとちがってガラス面が指紋ベタベタにならないのも快適です。

しかし欠点もあります。トラックボールと比べるとカーソル操作性が劣ります。個人の感覚や慣れの問題もあると思いますが、どうしてもトラックボールの快適さには勝てません。また、今後Logicool製品を増やすとunifyingレシーバーが無駄に増えて困るのではないかという不安もあります。使わないレシーバーを捨てるのはもったいないですし、Bluetooth対応になればいいなと思います。

Windows 8はタッチパネル対応製品を視野に入れて設計されているだけあり、今回のt650はかなり使いやすい製品だと思います。オススメです!しかし欲を言えば、Wireless Trackball M570Touch Mouse t620のタッチ機能が付いた製品が出れば最高です。マニアックかも知れませんが、リリースされれば全部置き換えます。

マイクロソフト「次期Officeで変わるライフスタイル」ブロガーイベントに参加してきました!

先週水曜日、マイクロソフト「次期Officeで変わるライフスタイル」 ~未来のワークスタイルについて考える~ ブロガーイベントに参加してきました!

日本マイクロソフト本社

会場は品川にある日本マイクロソフト本社の会議室!残念ながらエントランスおよびオフィス内は撮影禁止でしたが、よく写真で見るようなIT系のオフィスのようでした。

日本MS 会議室

19時半からのイベントだったので水と軽食付き!量もあっておいしかったです。

軽食

今回のイベントは、Windows 8発売にも関わらずまだ世に出ていない新Officeに関する物です。

WIndows 8 デビュー

今回からOfficeは心機一転、後ろにバージョン名を付けないブランドネームになりました。Windwos 8に似たデザインロゴになっています。

Office

今回の主な向上点としては、基本機能のブラッシュアップ、Windows 8との親和性、クラウド化が挙げられるそうです。

Office

ここからは、MS Officeのキャラクター・冴子先生による解説が始まります。Office 2003まで活躍していたらしいのですが知りませんでした。ドルフィンの次のキャラだったようです。

冴子先生

どうやって解説するのかと思ったら実写版冴子先生が登場。(制服ちょっと違わない?)めっちゃ美人です。全国のOfficeイベントを行脚するんだとか。

冴子先生(実写版)

冴子先生は今回のOfficeの新しい機能についてやさしく解説してくれました。その中で最大の変更点といえるのは、Windows 8の特徴の1つであるタッチへの対応です。タッチ操作時にはメニュー選択しやすいように操作画面が切り替わります。

タッチ操作

新しいOfficeに備わったさまざまな特徴は後日書く記事に回しますが、冴子先生の解説の中で私が一番気になったのは反転モード。眼が疲れず長時間作業しやすくなるので地味にうれしいです。

反転モード

冴子先生の説明が終わり、Officeの詳細について解説を受けました。年号を取り去った新しいOfficeですが、商品説明の際にはバージョンが付くとのこと。今度出るものはOffice2013、5バージョン構成。近々発売日や価格が発表されるそうです。

Office 製品 ラインナップ

最後にインストラクターのネタ帳 伊藤潔人さんによるプレゼンがありました。

インストラクターのネタ帳 伊藤潔人さんによるプレゼン

Officeでタッチは向いていないんじゃないか?という疑問を持たれる方が多いかも知れませんが、入力後の編集時にはかなり力を発揮する、そんな内容をわかりやすく発表されていました。

編集にはタッチが適している

新しいOfficeのプレゼンを一通り聞いたあとは実際にPCで操作してみました。Office2010よりもサクサク動き乗り換えてもよさそうです。ちなみにお土産は、ネックストラップと今日の資料付USBメモリでした。

お土産

自宅のPCにもOffice 2013 プレビュー版を入れてみましたが、サクサク動いています。

GenPi

GenPi

京都から旅して写真を撮っています。

ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
キーワード
ブログリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。